T-one web トップ > Designer’s 海外レポート! > 001 『ハイムテキスタイル2014』

Designer's 海外レポート

001『ハイムテキスタイル2014』

タチカワブラインドは、インテリアからファッションまで様々な世界の展示会を視察し、トレンドをキャッチしながらも独自のスタイルを創り上げ、皆様への情報発信と商品提案をしています。

今回は、タチカワブラインドのデザイナーが、1月にフランクフルトで開催された「ハイムテキスタイル」をレポート。
毎年海外のあらゆる展示会を視察し、商品開発に生かしているデザイナーならではのトレンド分析は、きっとお仕事の参考になるはずです。

橋口 典代

橋口 典代

商品企画部所属のチーフデザイナー
ファブリックメーカーで糸・ジャガード織物の開発を経て、2008年タチカワブラインドに入社。
今までになかったカラー配色の「マカロン」や光で変化する「プリーツスクリーン・和美シリーズ」など多くのファブリック製品の生地開発・デザインを手掛ける。

  • Trend テーマ
  • Trend デザイン
  • Trend 素材
  • Topic1 壁紙
  • Topic2 デコレーション&アクセサリー
Trend ~素材~
フォークロア&自然のテクスチャー感

ファッションの流れから異文化なラテンの雰囲気の漂う、民族的なフォークロアデザインがトレンドの一つとして挙げられます。フラワープリントとは対照的ですが、この民族的なデザインに落とし込む為の糸や加工、組織(織り方)による素材感がポイントとなります。

”裂き織り”(細くひも状に裂いた布を織り込む)という技法で
作られたテキスタイル。

プリミティブな民族衣装やフォークロアを思わせる
パターン。
色の派手さだけではなく、糸の風合いと構成が
考えられた創りです。

今回は、木の皮・石など自然にあるテクスチャーをフェイクして更に色や構成でデザインするという物創りにも注目です。樹皮のように見える織物だけど、光沢糸を使って表現する事で樹皮に水滴が付いているかのようなテクスチャー感など、ただナチュラルな素材感だけではない工夫が込められています。

樹肌の質感や木材の断面を見せたプリント壁紙や織物。
ナチュラルだけでなく自然による時間の経過や動きが感じられるテクスチャーです。

  • Trend テーマ
  • Trend デザイン
  • Trend 素材
  • Topic1 壁紙
  • Topic2 デコレーション&アクセサリー

このページのトップへ