T-one web トップ > Designer’s 海外レポート! > 001 『ハイムテキスタイル2014』

Designer's 海外レポート

001『ハイムテキスタイル2014』

タチカワブラインドは、インテリアからファッションまで様々な世界の展示会を視察し、トレンドをキャッチしながらも独自のスタイルを創り上げ、皆様への情報発信と商品提案をしています。

今回は、タチカワブラインドのデザイナーが、1月にフランクフルトで開催された「ハイムテキスタイル」をレポート。
毎年海外のあらゆる展示会を視察し、商品開発に生かしているデザイナーならではのトレンド分析は、きっとお仕事の参考になるはずです。

橋口 典代

橋口 典代

商品企画部所属のチーフデザイナー
ファブリックメーカーで糸・ジャガード織物の開発を経て、2008年タチカワブラインドに入社。
今までになかったカラー配色の「マカロン」や光で変化する「プリーツスクリーン・和美シリーズ」など多くのファブリック製品の生地開発・デザインを手掛ける。

  • Trend テーマ
  • Trend デザイン
  • Trend 素材
  • Topic1 壁紙
  • Topic2 デコレーション&アクセサリー
Topic1 〜壁紙〜
Wall Paper

5年程前からハイムの会場では壁紙のホールが賑わっています。海外の壁紙は伸縮率の少ないフリース壁紙が主流。幅も50㎝前後と狭く、貼って剥がせるので施工が簡単なのがフリースの利点です。日本でも普及しつつありますが、色やデザインでインテリアをもっと身近に楽しむ人が増えたらと期待しています。

今年の壁紙は凹凸や素材感、3Dプリント等、ダイナミックな商品が注目です。
中でも目を引いたのが、孔雀の羽が全面にしきつめられた豪華な壁紙。この羽は、
主に自然に抜け落ちた羽や、オスの孔雀同士がメスを取り合う決闘時に抜ける羽を使用しており、
それを一枚、一枚手で貼り付けて製作しているとのこと。すごい枚数ですよね。
素材コストを惜しまない物創りが昨年のミラノサローネあたりから伺えます。

スワロフスキーやスパンコール、リボンなどドレスのオートクチュールの様な
凹凸感ある高級壁紙が目を引きます。

エリティスの新作壁紙。
3Dの熱成形によってマットな凹凸感が光と影によって
浮かび上がります。
指で押すと低反発素材でふっくらと元に戻ります。
アクセントとして上から光をおとせばアート的な
モールディングの様です。

  • Trend テーマ
  • Trend デザイン
  • Trend 素材
  • Topic1 壁紙
  • Topic2 デコレーション&アクセサリー

このページのトップへ