T-one web トップ > THE・HiNT > 009 付加価値のある商品提案を!採用率アップのテクニック

仕事に直結☆すぐに役立つ THE・HINT 窓廻りのインテリアコーディネートを中心とした実用性の高い情報をご紹介。施工例や体験談、提案のコツなど、現場で役立つノウハウを毎号多彩なテーマでお届けします。

007 目指せ!窓廻りの予算UP!

今回のTHE・HINTでは、読者の皆さんからお寄せいただいた付加価値のある窓廻り製品を採用してもらうためのセールストークをご紹介します。
商品の良さや魅力をしっかりお伝えできれば、予算面でのハードルをクリアできる可能性もアップ!是非、日々のお仕事に活かしてください。

*「これはいい!」と納得のトークなら【いいね】をクリック。(複数回答可)
*得票数1位の千葉県 Yさんには「イルムスギフトカタログ」をプレゼント
  いたします。
  皆さんのたくさんの「いいね!」、ありがとうございました!

 
「カーテンレールは重要」な商品です!

東京都 Yさん(家具ショップ)

施工の際、「カーテン等の窓廻りには
できる限り予算をかけたくない」と考えるお客様が多くいらっしゃいます。 そういった時は、「例えばプライベートなお部屋は普通のレールで、リビングだけは装飾レールを取り付けてみてはいかがですか?雰囲気が変わりますよ」とお話しします。また「カーテンは後から他の物に変える事も簡単にできますが、レールに関しては最初に取り付けたレールをずっとお使いいただくことになりますので、大変重要な商品です」と、商品とお客様の将来との関わりについてお話します。

個人的には、通勤時や外食時、映画を観ている時でさえも、目に入る窓廻りのアイテムに関して興味を持ち、お客様へのご提案に少しでも役立てられるよう心がけています。
カーテンの提案は、必ずタッセルも一緒に!
…(続きを見る
いいね!×35人
 
 
かわいい柄物をアクセントに!

山梨県 Sさん(ハウスメーカー)

最近のロールスクリーンは柄物が豊富で、
特にタチカワブラインドの製品には、ドットや花柄などのかわいい柄も増えています。そこで、無地のカーテンともコーディネートしやすくなっていることをアピール!「なかなかこういった柄はないですよ」とお話したり、縦長の窓だけに柄物を持ってきて「ロールスクリーンをタペストリー風にアクセントにしましょう」とおすすめすることもあります。すると、価格の安い品に流れがちな子供部屋でも、ロールスクリーンなどを採用していただきやすくなります。
カーテン以外の窓廻り製品に魅力を感じていただく!
…(続きを見る
いいね!×35人
 
 
ひとりひとりのお客様と、長く誠実なお付き合いを!

千葉県 Yさん(フリーIC)

5年ほど前にオーダー品のロールスクリーンを
購入された方から、「同じ部屋で追加をお願いしたい」と連絡がありました。
発注記録を残していたので、品番からメーカーに問い合わせをしたところ、生産終了品でしたがメーカーが工場の在庫を探してくださり、同じものを追加発注できました。基本的なことですが、お客様記録をしっかり管理していたからこそ!の結果だと思います。

このお客様からは「ちゃんと覚えていてくれてうれしかった。そのうえ廃番になっていたのに探してくれてありがとうございます」と、とても感謝されました。一度納めたら終わりではなく、常にご要望にお応えする姿勢を持ち、メンテナンスも含めて長いお付き合いを心がけることが、発注のリピートに繋がると考えて仕事をしています。
「ここだけは!」と、メリハリのある提案を!
閉じる
いいね!×41人
 
 
「トータルでプロに任せるメリット」をしっかりお伝え!

東京都 Tさん(ハウスメーカー)

窓廻り製品をお客様ご自身が用意されるのと
プロが請け負うことの大きな違いは、①内装材や家具などと合わせてトータルでコーディネートできること、②お引き渡し時には全て取り付けた状態になっているので、すぐにお住まいいだけること、③プロでないとなかなか気付けない細かい提案ができること、です。まずはこの3つをしっかりお話して、ICに任せることの重要性をご理解いただきます。

また、お客様がご自分で窓を測り、生地を決めて注文して取付けして…と、全てのダンドリをするのはかなり大変なことです。この点も分かりやすくご説明すると、その大変さがリアルに想像できるようで、製品選びからトータルでお任せしていただけることが増えました。
窓廻りがインテリアの決め手!
…(続きを見る
いいね!×38人
 
 
長い目で見れば決して高くはありません!

長野県 Yさん(卸)

「価格」に注目するお客様は、「今」支払う
価格に重点を置いていると思います。ですが、価格の安い商品は壊れやすかったり、壊れても修理ができなかったりといったリスクが少なくありません。そこで「長い目で見れば、確かな付加価値のある商品は長期間使えます。最初の購入金額が多少高めでも、安い商品を何度も買い替えることに比べたら、決して高いお買い物ではありませんよ」というお話をすることが多いです。

そして「せっかく気に入って購入するものなら、数年、数十年と末永く使える品質の良さにこだわった方がいいのでは?」とおすすめしています。
ちょっとのこだわりを「オプション」で!
…(続きを見る
いいね!×34人
 

このページのトップへ