T-one web トップ > THE・HiNT > 016 子供部屋の窓廻り、どうしてる?皆さんの成功談&失敗談

仕事に直結☆すぐに役立つ THE・HINT 窓廻りのインテリアコーディネートを中心とした実用性の高い情報をご紹介。施工例や体験談、提案のコツなど、現場で役立つノウハウを毎号多彩なテーマでお届けします。

016 子供部屋の窓廻り、どうしてる?ここだけの成功談&失敗談

今回のTHE・HINTでは、読者の皆さんからお寄せいただいた子供部屋の
窓廻り提案に関する体験談をご紹介します。
お子様本人にも喜ばれるための工夫や予算アップにつながるトーク、参考に
したい失敗談など、どれもここでしか聞けないエピソードばかりです!

*自分の提案に役立ちそうな体験談に【いいね】をクリック。
 (複数クリック可)

*【いいね】の得票数1位の方には
 「アクタス ギフトカタログ(Blue edition)」をプレゼント。
 結果はT-one webで発表します!
 皆さんのたくさんの「いいね!」、ありがとうございました!

 
カラフルな壁紙に合わせてテープやバランス色をセレクト。

大阪府 Yさん(ハウスメーカー)

住宅展示場のモデルルームをコーディネートする時、
子供部屋には、光を調節しやすい木製ブラインドやデザインブラインドを使うことが多いです。

お客様がかわいい柄やアクセントとなる壁紙を選ばれることが多いので、ブラインドのラダーテープの色を壁紙と合わせたり、ロールスクリーンの場合でも単調にならないよう、バランスをつけたりします。

ご来場いただいたお客様のお子様に「こんな部屋にしたい」と思っていただき、採用につながるものをご提案しています。
アクセントのある壁紙と好相性のブラインドを、臨機応変にセレクト。
…(続きを見る
いいね!×29人
 
 
喘息のお子様のために、実体験からブラインドをご提案。

岩手県 Mさん(設計・デザイン事務所)

お子様に軽い喘息の症状があり、室内の仕上げに
も気を遣っていらしたお客様。偶然にも我が子が喘息で、子供部屋の窓を全てブラインドにしていたことがありました。埃を吸着してしまうカーテンより、毎日自分で掃除ができる方が安心だったからです。

その実体験をお話ししたところ、お客様も共感してくださり、50m幅のブラインドを採用していただきました。本当は木製ブラインドをおすすめしたかったのですが、予算が合わず…。ただ、子供部屋のかわいらしさは演出したかったので、バランスをつけてファブリックをあしらいました。お引き渡しの際には、私が愛用しているマイクロファイバー製のブラインドクリーナーをプレゼントして、喜んでいただけましたよ。
喘息のお子様のためにブラインドをご提案したのは、実体験から。
…(続きを見る
いいね!×30人
 
 
お客様が大感激!
カーテンとロールスクリーンの2色使いで楽しむ部屋。

愛知県 Wさん(ハウスメーカー)

将来は2部屋に分ける予定の子供部屋。お子様
は現在お一人ですが、「カーテンの色を全部揃えてしまうのもなんだかもったいないな」とおっしゃるお客様に、「お部屋毎にカラーを決めては?」とお話ししてみました。

小窓が各部屋に2本ずつきれいに並んでいたので、2色のカーテンとロールスクリーンを交互に設置することをご提案。小窓は全て同じサイズなので、将来的にお部屋を区切る際はそれぞれのカラーで統一することもできますし、お部屋がつながっている間はちょっぴりポップな感じで楽しむことができます。
この提案に「そんな発想は全くなかった!」と、とても感激していただき、採用が決まりました。
お客様が大感激!カーテンとロールスクリーンの2色使いで採用に。
…(続きを見る
いいね!×22人
 
 
引き渡し後にふと振り返ると、驚きの光景が…!?

福岡県 Tさん(設計・デザイン事務所)

インテリアコーディネーターとして仕事を始めた
ばかりの頃の話です。素敵な洋風住宅を計画中のお客様。2人の小学生のお子様は、それぞれピンクとブルーのテーマカラーを決めていらっしゃいました。
窓廻りは「小さいうちはブラインドだけでいい」ということになり、各テーマカラーのブラインドを用意し、身長に合わせ操作ポールも長めに設定。壁紙も色を合わせ、素敵な部屋になりました。お客様にも大変気に入っていただけたのですが…

引き渡しを終え、お宅を出てからふと振り返ると、ゾーッと血の気が引いたのです(まるでまる子ちゃん状態…)。玄関上の子供部屋の窓から、ピンクとブルーの鮮やかなブラインドがくっきり!おしゃれな家の外観が台無しでした。やむなくそのまま帰ってきましたが、どれほど取り替えたかったことか!!

それ以後は、表と裏で色が違うツートンカラーのブラインドを使うようにしています。駆け出しの頃とはいえ、とても恥ずかしい経験でした。
引き渡し後にお宅の窓を振り返ると、驚きの光景が…!?
…(続きを見る
いいね!×21人
 
 
お子様の感性を大切にした提案で、大成功!

香川県 Iさん(ハウスメーカー)

中学生の女の子と、幼稚園の男の子の部屋に
カーテンをご提案した時のこと。
部活で打ち合わせに参加できない娘さんの好きな色をお母様からお聞きして、ちょっと背伸びしたい中学生の頃をイメージ。スパンコールのキラキラした素材感に水色の水玉やボーダーを組み合わせた、甘すぎない生地をご提案しました。
すると後日の打ち合わせで、お母様から「絶対これがいい!と娘がとても気に入っていますのでお願いします」と言われ、「やった~!中学生の女の子の気持ちがわかった~!!」と心の中でガッツポーズ(笑)。

そして幼稚園の男の子のカーテンは、男の子が大好きな「はらぺこあおむし」の絵本をイメージして、発色のいい輸入生地のタッセルに、あおむしに見えるようトリムをつけたデザインをご提案。納品後の部屋を見た男の子本人も喜んでくれました。後日、男の子が自分の部屋で寝るようになったと伺った時は、本当にうれしかったですね。
お子様の気持ちを大切にした提案で、ご家族全員大満足!
…(続きを見る
いいね!×14人
 
 
後々のプライバシー保護や、冷暖房効果も考えて。

広島県 Nさん(フリーランス)

お子様が小さいうちは、子供部屋にはあまり予算を
かけないケースが多いのですが、お子様が大きくなってからの買い替えや買い足しというのはなかなかできないのが現実です。そこで、後々のプライバシー保護や冷暖房効果を考慮して、窓廻りは必ずレースの役割をするものと厚地の役割をするもののダブル使いでおすすめしています。

例えば、洗濯などのメンテナンスがしやすい「レースカーテン+ロールスクリーン」、調光や風通しがしやすい「ブラインド+保温効果の高いドレープカーテン」など。
もちろん、商品決定の際は事前にお子様本人に好みの色を伺っておき、何点かこちらで選んで(選べる範囲が広すぎると決まらないので)から提案します。
お客様の立場になって、お子様の成長を視野に入れた提案を。
…(続きを見る
いいね!×20人
 

このページのトップへ