T-one web トップ > THE・HiNT > 018 他では聞けない 「お客様とのコミュニケーション 〜失敗談〜」

仕事に直結☆すぐに役立つ THE・HINT 窓廻りのインテリアコーディネートを中心とした実用性の高い情報をご紹介。施工例や体験談、提案のコツなど、現場で役立つノウハウを毎号多彩なテーマでお届けします。

018 他では聞けない 「お客様とのコミュニケーション 〜失敗談〜」

今回のTHE・HINTでは、読者の皆さんからお寄せいただいた
「お客様とのコミュニケーション 〜失敗談〜」をご紹介します。
どれもT-one webでしか聞けない、リアリティあふれるエピソードです。
失敗は成功への近道!ぜひお仕事に役立ててくださいね。

*自分の仕事に役立ちそうな体験談に【いいね】をクリック。
 (複数クリック可)

*【いいね】の得票数1位の方には
 「アクタス ギフトカタログ(Blue edition)」をプレゼント。
 皆さんのたくさんの【いいね、ありがとうございました!

 
ラインドレープのメカ部分が丸見えに!

埼玉県 Yさん(ハウスメーカー)

吹抜けの高窓にラインドレープを取り付けたお宅。実
はその窓のすぐ近くに、通路があったのです!お客様は、バランスがBOX状になっていて上面は閉じていると思われていたので、メカ部分が丸見えの状態にかなり不満を持たれました。そこで当社オリジナルのBOXを取り付けたのですが、吹抜けのため足場が悪く、現場の方に大変危険な思いをさせてしまいました。(そのうえかなりの損金も出してしまいました…)

以後、上からメカが見えるシチュエーションではバランスは付けないか、他のBOXを取り付けるか、最初からしっかりご説明してご了承をいただくようにしています。
…(続きを見る
いいね! ×38人
 
 
窓枠と製品の間に、大きな隙間が!

和歌山県 Hさん(ハウスメーカー)

とあるお宅で、窓枠内に木製ブラインドを設置しました。
取付け後に「枠とブラインドの隙間が気になるのですが…」と言われたので確認すると、弊社の設定では製品幅が枠内実寸法よりも18mmも小さく設定されていたのです!理由は、窓を開けた時にぶらつくと枠に当るから…とのこと。プリーツスクリーンも同じ設定だったので、せっかく遮光生地にしたのに隙間から光が漏れてしまい、取り替えることに。枠内付けでメカ製品を設置する場合は、厳密に幅の検討をしておかないといけないな、と反省しました。

その後は、製品幅設定を個別に依頼するようにしていますが、タチカワさんのファブリック製品は幅5mm単位で発注できるのでとても助かっています。このほか、ロールスクリーンも木製ブラインドやプリーツスクリーン以上に横の隙間が気になるので、かなり注意して発注するようになりました。
…(続きを見る
いいね! ×25人
 
 
ビビッドカラーのロールスクリーンで、予想外の事態に!

東京都 Kさん(ハウスメーカー)

子供部屋にロールスクリーンをご提案した時、お客様
がマカロンのビビッドなグリーンを選ばれ、プレゼンボードでもとてもキレイにまとまっていました。 ところが施工後に、お客様が「部屋が青過ぎる」と言ってこられたのです!色にこだわりの強いお客様だったので、何が原因なのか見に行ったところ、日中の陽射しを通すと、確かにロールスクリーンの色がそのまま室内の色になっていました。もちろん、日中ロールスクリーンを降ろすことは少ないと思いますが、それは言い訳に過ぎません…。

最近のロールスクリーンは色や柄のバリエーションが豊富なので、無難な色ばかりでなくビビッドな色を部屋のアクセントカラーにするケースも増えてきました。そんな時は、陽射しを通したときの見え方や室内でロールスクリーンの色が占める割合など、あらゆるシーンを想定してよくご説明し、イメージしていただいてから色を決めるべきだと思いました。
…(続きを見る
いいね! ×49人
 
 
思い込みと確認不足で、お客様のイメージと違う結果に…

栃木県 Kさん(ハウスメーカー)

和室の窓にプリーツスクリーンを内付けしてお引き渡
ししました。しかし、お客様から「取付けがイメージと違う」というご指摘が!?設計担当が出したパースではプリーツスクリーンが壁一面に広がっていたのに、私の中で、プリーツスクリーンは基本的に内付けという思い込みがあり、お客様のイメージとずれてしまったのです。さらに、私は図面にカーテンボックスが追加されていたことも見逃していました…。

結局、大きいサイズで作り直し、カーテンボックス内に取り付けましたが、設計担当としっかりコミュニケーションを取って変更の有無を確認することや、取り付けイメージを顧客と共有することの大切さを身をもって実感。以後は、パースや図面を注意深く見ながら打ち合わせをするようにしています。
…(続きを見る
いいね! ×34人
 
 
傾斜タイプの縦型ブラインドを内付けしたら…

長野県 Sさん(インテリアショップ)

寝室に、縦型ブラインド傾斜タイプを窓枠内付けで取
り付けましたが「上部のハンガーレールとスラットの隙間からの光が思ったより気になる」と、後日ご連絡をいただきました。傾斜窓タイプは吹抜けに提案することが多く、その場合は操作チェーンを下ろすため窓枠外付けにしています。ただ、今回は吹抜けではなく「外付けだとスラットが邪魔になりそう」とのお客様のご希望もあって内付けにしたのです。そのうえ、スラットは遮光生地だったので光漏れがより強く感じられました。

事前にアドバイスして、デメリットをお伝えしておけば、初めから外付けにしていたかも・・・と反省。幸いクレームには至りませんでしたが、大工さんに窓枠素材でバランス風に造作をしてもらうことになりました。
傾斜のタテ型ブラインドは要注意!という教訓を、今後に生かしたいと思っています。
…(続きを見る
いいね! ×32人
 

このページのトップへ