T-one web トップ > THE・HiNT > 030 皆さんの体験談「省エネの提案どうしていますか?」

仕事に直結☆すぐに役立つ THE・HINT 窓廻りのインテリアコーディネートを中心とした実用性の高い情報をご紹介。施工例や体験談、提案のコツなど、現場で役立つノウハウを毎号多彩なテーマでお届けします。

030 皆さんの体験談「省エネの提案どうしていますか?」

今回のTHE・HINTでは、読者の皆さんからお寄せいただいた
「省エネの提案どうしていますか?」をご紹介します。
間取りが多様化する近年の住宅。様々な条件での省エネ対策に対して
ご満足いただいた製品や、喜ばれたエピソードなどをご紹介します。
参考になった方に【いいね】をクリックしてくださいね!

*自分の仕事に役立ちそうな体験談に【いいね】をクリック。
 (複数クリック可)

*【いいね】の得票数1位の方には
 「MARKS&WEBの『バスアイテムのセット』」をプレゼント。
 皆さんのたくさんの【いいね】、ありがとうございました!

 
プリーツスクリーンの省エネ+様々な使い方で…

静岡県 Kさん(ハウスメーカー)

天井高が3.5mあるリビング一角の、収納スペース
上に1.5Fの和室があるお宅のお話です。

和室からはリビングが見下ろせ、1Fリビングからはガラス張りの腰高壁を通して和室がのぞける開放感を、とても気に入っていただいている間取りです。
しかし、エアコンの効率が悪いことや、和室を子供の遊び場、お昼寝スペースとして、またゲストルームにしたりと、様々な使い方をしたいというご要望を受け、和室にプリーツスクリーン ゼファー ツインタイプをご提案しました。

子供が遊んでいる時は、リビングからお母さんの声が聞こえるように全開に。お昼寝の時は、クーラーの涼しさだけをリビングから通し、1Fの光があまり当たらないようレースにする。
ゲストルームの時は、完全に部屋として仕切られるようにドレープを和室の床まで下げて、エアコンも和室のものを使用してもらうなど、空間スペースも空調も効率的に使えます。「さすがICさん!いいものを知っているのね」とお褒めの言葉をいただきました。
…(続きを見る
いいね!×15人
 
 
建具の設置も難しいという状況で…

石川県 Yさん(ホームビルダー)

LDKの暖房効率を気にされるお客様で、「夕食後に
キッチンとダイニング・リビングを仕切れるように
したい」とのご要望がありました。

通路部分は建具などで仕切れますが、キッチンの対面部分は建具ではふさげず、アクリル引戸では費用も高く、設置も難しそうな状況でした。

そこで、天井にBOXを作り、ロールスクリーンを設置する提案をしました。

対面カウンター部分、通路部分でそれぞれ寸法を合わせたロールスクリーンを設置し、夕食後それぞれを下ろす事でキッチン側に蓄熱暖房機やエアコンの暖気・冷気が流れないようにします。
引渡し後「思っていた以上に省エネ効果があるだけでなく、来客時にキッチンも隠せるので大変気に入ってます!」という報告をいただきました。
…(続きを見る
いいね!×41人
 
 
別の形でも評価された!保温性アップのご提案!

埼玉県 Sさん(インテリアショップ)

窓がペアガラスになった今の住宅でも、窓からの熱の
移動が半分近くあるため、
そこに動かない空気の層を多く作ることで、保温性をアップさせることができることをお話ししています。

それにより、ドレープとレースの2重吊りは当然として、裏地付のカーテンもおすすめしやすくなりました。

その他、レールをトップカバー付にすることや、カーテンのサイドをリターン加工にしたりする保温性アップの提案は、省エネとはまた別の形でも評価されました。

例えばトップカバーは、上からのホコリを防ぐため、レールの掃除が楽に。リターン加工は、脇からレースが見えなくなり、窓まわりがすっきり。など、わずかな予算アップで既製のレール・カーテンとの差別化をはかれるので、これからも提案していきたいです。
…(続きを見る
いいね!×22人
 
 
開放感のあるリビング!でも住んでみると…

広島県 Iさん(小売店)

ご新築でいま人気の間取りは、リビングが吹抜けで、
2階へ上がる階段もオープンになっている、スタイリッシュで開放感のあるとってもオシャレな造り! ただ、住んでみると・・・というケースもよく耳にします。

新築後一年くらい経ってご相談に来られた方は
「冬は寒くて、エアコンをつけても2階ばかり暖かくなって、家族が集まるリビングは一向に暖かくならず、みんな室内でも防寒着のダウンを着ている」とのこと。

夏と冬のエアコンを使う季節だけ階段部分を間仕切りたいとのことで、ロールスクリーンを提案させて頂きました。ロールスクリーンは、メカよりも生地幅が小さいため壁との間に多少の隙間はできるのですが、空気の流れが全く変わるので、エアコンがすぐに効き、とても過ごしやすくなったと感謝していただきました。
使わないときは、上部にコンパクトに納まるので、邪魔にならずおすすめです。
…(続きを見る
いいね!×18人
 
 
「もっと早く相談すればよかったわ!」とお喜びいただけました!

茨城県 Hさん(ハウスメーカー)

築35年のお客様からのご相談です。
お客様の間取りは、北側がキッチンでキッチン横には
2.5畳ほどの勝手口の空間があるLDK。キッチンと勝手口間に間仕切りの壁はあるが900mmの通路はオープンで、特に冬場は北側の勝手口から冷気がキッチンやリビングダイニングまで入り、歳をとったせいか最近寒く感じるため冷気を防ぎたいとのことでした。

建具も検討しましたが、現場の納まりの関係上、アコーデオンカーテンをおすすめしてみました。

最初はお客様も「少しでも冷気が気にならなくなれば・・・」という感じでしたが、施工後は「全然違います。もっと早く相談すればよかったわ!軽くて使いやすいです!!」と、お喜びいただけました。 レザーの種類が豊富で、壁紙と違和感のない柄を選ぶことができたのも喜んでいただけたポイントでした。

最後にお客様から「実は遊びに来る孫たちのために何か寒さや安全対策がないかと考えていたの。本当にありがとう!」と最高の笑顔をいただきました。
…(続きを見る
いいね!×15人
 
 
畳コーナーにおすすめの間仕切りは…

愛知県 Sさん(内装業)

最近依頼をいただく新築は、LDKの一角に畳コーナーの
ある家が多いのですが、その一角だけを使いたい
とき、LDK全体のエアコンをつけてしまうとあまりに効率が悪いので、冷暖房の効きを良くするため、間仕切りとしてロールスクリーンやプリーツスクリーンをおすすめしています。

実際に間仕切りとしてプリーツスクリーンを取り付けた新築物件の見学会では、製品の効果や特徴をご説明すると新しいお施主様から「うちにも同じようにプリーツスクリーンで間仕切りをして欲しい」と依頼をいただきます。

おすすめの省エネ対策は、お客様にも喜んでいただけ、また予算アップにもつながりました!
…(続きを見る
いいね!×17人
 

このページのトップへ