T-one web トップ > THE・HiNT > Showroom’s VOICE #02

仕事に直結☆すぐに役立つ THE・HINT 窓廻りのインテリアコーディネートを中心とした実用性の高い情報をご紹介。施工例や体験談、提案のコツなど、現場で役立つノウハウを毎号多彩なテーマでお届けします。

034 Showroom’s VOICE #02

Showroom’s VOICE #01 東京・銀座SRよりお客様の傾向や人気製品情報

インテリアコーディネーター(以下IC)や設計士など、サブユーザー様のご来館が多い
新宿ショールーム(以下SR)。
今回は、その新宿SRスタッフより、お客様に人気の高いアイテムや、
問い合わせの多い製品についてT-one webの読者の皆さま限定で、ご紹介します。

テーマ①:「待ってました!」の「フォレティア」新色
Nさん 新宿SRはオープンして4年目になります。周囲に設計事務所やハウスメーカーが多いせいか、オープン当初からサブユーザー様にお越しいただくことが多いのが特徴です。
Iさん 木製ブラインド「フォレティア」シリーズはずっと人気でしたが、今まで「マット色はないんですか?」というお問い合わせが、実はかなりありました。ですので、2月発売の新色・マット色の登場には「待ってました」というお声をたくさんいただきました。
マット色はご年配の方よりも、特に若い世代の方に人気が高いようです。木本来の自然感が出るのと、アンティーク調のインテリアが流行っているのが人気の理由ではないかと感じます。
Nさん グレージュの人気もまだ高いですよね。
カラーサンプルを6点までお持ち帰りできるのですが、ほとんどの方がグレージュをお選びになっています。
Iさん ホワイト色の木目にこだわりたい方が、樹脂製で木目調の凹凸がはっきりしている「フォレティア アクア」をリビングに使うというケースもありましたね。
今回、内装材に合わせやすいカラー5色が新発売になったことで、「ちょっと色を見に」とお立ち寄りくださる方も増えました。天然木の雰囲気を醸し出すスラット表面の凸凹も高い評判をいただいています。

テーマ②:サブユーザー様だからこそ伝える
Nさん 高級感も存在感も抜群の木製ブラインドですが、たたみ込んだ時の厚みと操作性は使用される方や取付け場所により特に十分気を付ける必要がある旨を必ずお伝えするようにしています。
操作性では自動降下機能(タッチ)が発売してからは、高さのある掃出窓で上げ下げの回数が多いリビングにもおすすめしやすくなりました。
Iさん たたみ込みの厚みについては、SRで実物を見て初めて実感する方も多いですね。施主の方のご希望であっても、取付け場所や希望する機能を伺い違う製品をおすすめする場合もありました。その結果、タテ型にチェンジされた方もいらっしゃいましたが「教えてくれてありがとう」とお礼を言われました。
Nさん SRの一番のメリットは、カタログやホームページでは分からない操作感や微妙な色合いなどを実際に確認できることです。プリーツスクリーンは、SRで操作してみて気に入って頂き、採用を決めるICさんもいたりします。
Iさん また、タテ型ブラインドのペアタイプも、SRで実際のドレープとレースの動きを確認することができます。こちらも、実物を見て機能性が良く分かる製品です。

12次へ

このページのトップへ