T-one web トップ > THE・HiNT > 054 どう違う?どう提案?タテ型ブラインドおすすめ製品

仕事に直結☆すぐに役立つ THE・HINT 窓廻りのインテリアコーディネートを中心とした実用性の高い情報をご紹介。施工例や体験談、提案のコツなど、現場で役立つノウハウを毎号多彩なテーマでお届けします。

054 どう違う?どう提案?タテ型ブラインドおすすめ製品

大きな窓や出入りの多いテラス窓に、スタイリッシュなタテ型ブラインドを選ぶ方が増えています。
ですが、同じタテ型ブラインドにも、さまざまなデザインや機能があり、
どれを選べばよいか……というご意見もよく聞きます。
そこで、タテ型ブラインドの中から人気の4製品を比べてみました。
ご提案のヒントにぜひご活用ください。

◀今回ご提案する窓はこちら

  • 左端がFIXになった幅2,480㎜×高さ2,000㎜の掃き出し窓
  • サッシ上の梁が埋め込み型のカーテンボックス
    (幅2,720㎜×深さ60㎜×奥行き150㎜)

ラインドレープ ペア ツーウェイドレープレースを左右に配したペア

ドレープとレースの2種類の生地を左右に配し、「カーテン」感覚で使えるブラインド。
使いやすくわかりやすい操作で、昼と夜の2つの表情が楽しめます。

昼間はレースで開放的に。

部分的な目隠しもできます。

夜はしっかり目隠しができます。

参考価格※製品幅2,700mm×高さ2,080mm
ラインドレープ ペア ツーウェイ
121,700円(税別)
※ドレープ:LD-4134 エブリ(リネン)、レース:LD-4605 エール(ライトベージュ)
 スラット幅100mm、部品色:オフホワイト の場合

操作方法

  • スラットの角度調整と製品の開閉を左右のバトンで操作します。
  • 切替え用コードを引くことでドレープとレースの切替えができます。
  • 出入りの多いテラス窓におすすめです。

ドレープとレースの組み合わせは自由。
カーテンを選ぶように、いろいろな表情を楽しめます。

ドレープもレースもカラーは自由に選べます。
同系色の組み合わせはもちろん、同系色以外の組み合わせで2つの表情を楽しむこともできます。

こんなときはどうする?ご提案のヒント!

Q
全てドレープにするとレースのたまり代が残り、光漏れが気になります。
どうすれば良いですか?
A

袖壁に余裕がある場合、カーテンレールを窓枠の外まで伸ばすことで光漏れを軽減できます。

たまり代からの光漏れが気になる状態

レースのたまり代を窓開口の外にもってくることで、光漏れを軽減

Q

ラインドレープ ペア ツーウェイの一番のおすすめポイントは?

A

ドレープとレースを左右に配しているので、1台でカーテン感覚で自由に切り替え
できる点がおすすめ!
レースとドレープの切替えはコードで、開け締めはバトンでお手軽に操作できます。

ラインドレープ デジタルカタログ

このページのトップへ