T-one web トップ > THE・HiNT > 054 どう違う?どう提案?タテ型ブラインドおすすめ製品

仕事に直結☆すぐに役立つ THE・HINT 窓廻りのインテリアコーディネートを中心とした実用性の高い情報をご紹介。施工例や体験談、提案のコツなど、現場で役立つノウハウを毎号多彩なテーマでお届けします。

054 どう違う?どう提案?タテ型ブラインドおすすめ製品

大きな窓や出入りの多いテラス窓に、スタイリッシュなタテ型ブラインドを選ぶ方が増えています。
ですが、同じタテ型ブラインドにも、さまざまなデザインや機能があり、
どれを選べばよいか……というご意見もよく聞きます。
そこで、タテ型ブラインドの中から人気の4製品を比べてみました。
ご提案のヒントにぜひご活用ください。

◀今回ご提案する窓はこちら

  • 左端がFIXになった幅2,480㎜×高さ2,000㎜の掃き出し窓
  • サッシ上の梁が埋め込み型のカーテンボックス
    (幅2,720㎜×深さ60㎜×奥行き150㎜)

ラインドレープ セパレート

左右どちらからも出入りができて、片側1カ所で製品全体の開閉ができる「納まり:片側」と、左右別々に
開閉・調光のできるフレキシブルな「納まり:両側」の2種類から選べるラインドレープ セパレート。
今回おすすめするのは、後者の「納まり:両側」です。

※スライダーを左右に動かすと画像が切り替わります。

両開き
片開き

多様な開閉スタイルがあるワイドサッシの、いろいろな使い方に対応します。左右の範囲は任意の大きさに 指定できるので、窓の縦桟に合わせると見た目もすっきりします。

参考価格※製品幅2,700mm×高さ2,080mm
ラインドレープ セパレート
93,600円(税別)
※LD-4025 リュース(ホワイト)
 スラット幅100mm、部品色:オフホワイト の場合

操作方法:ラインドレープ セパレート(納まり:両側)

納まり:両側

  • 製品の左右それぞれで、スラットの角度調整、
    製品の開閉がコントロールできます。
  • 両側へのたたみ込みはドライブコードで、
    両側からの開閉はバトンで操作します。
  • 幅の大きな窓におすすめです。

操作方法:ラインドレープ セパレート(納まり:片側)

納まり:片側

  • 窓の左右どちらにもスラットをたたみ込むことができます。
  • スラットの角度調整は左右のバトンで、製品の開閉をドライブコードで操作できます。
  • 左右のバトンでも両側から製品の開閉が
    できます。
  • 幅の大きな窓や中央がFIXで左右が開閉する
    テラス窓におすすめです。

ラインドレープ デジタルカタログ

このページのトップへ