T-one web トップ > THE・HiNT > 063 正しく知って提案へ!抗菌・抗ウイルス

仕事に直結☆すぐに役立つ THE・HINT 窓廻りのインテリアコーディネートを中心とした実用性の高い情報をご紹介。施工例や体験談、提案のコツなど、現場で役立つノウハウを毎号多彩なテーマでお届けします。

063 正しく知って提案へ!抗菌・抗ウイルス

感染症対策として「抗菌」「抗ウイルス」製品への注目が
ますます高まっています。
不特定多数の人が触れるところは、菌やウイルスが
特に気になりますよね。
この機会に、タチカワブラインドの抗菌・抗ウイルスについて
正しい知識を身につけてご提案にお役立てください。

細菌とウイルスの違い

そもそも「細菌」と「ウイルス」の違いをご存知ですか?
細菌とウイルスはそれぞれ以下の特徴があります。

細菌 ウイルス
種類
悪性
大腸菌、黄色ブドウ球菌、結核菌 など
良性
納豆菌、乳酸菌 など
悪性
インフルエンザウイルス、
ノロウイルス、エボラウイルス など
主な感染症 百日咳、結核、コレラ、
マイコプラズマ肺炎、O157 など
風邪、インフルエンザ、風疹、
ウイルス性肝炎(A型・B型・C型)、
麻疹(はしか) など
特性
  • 細胞がある(単細胞生物)
  • 大きさは約0.5µm〜5µm程度
  • 自ら移動することができる。
  • 栄養素があるところでは分裂して
    自己増殖する。
  • 栄養素が無いところでは死滅する。
  • 細胞はない(生き物ではない)
  • 大きさは約20nm〜300nm程度
  • 自ら移動することができない。
  • 自己増殖はできず、他の生物の
    細胞機能を使って増殖する。
  • 生き物ではないため、死滅という
    概念はない。
対策 殺菌剤で死滅させたり、抗菌剤で増殖を抑えるなどの手段がある。 抗ウイルス剤等により、表面組織を分解し構造の変化を促し「不活化」させる。

細菌について

細菌の対策については数種類ありますが、代表的な効果や程度は以下のようになります。

細菌対策におすすめのタチカワ製品はこちら!

  • タチカワブラインドの制菌加工生地・レザー
  • タチカワブラインドの抗菌加工部品

ウイルスについて

ウイルスには「エンベロープ」というタンパク質や脂質等の膜があるものとないものが存在します。
抗ウイルス加工は、感染力の強いエンベロープウイルスを不活性化させて、ウイルスの感染拡大を
防ぐことができます。

エンベロープウイルス ノンエンベロープウイルス
特徴

弱いウイルス

  • 弱いウイルス
  • エンベロープ(脂質性の膜)で守られている
  • 感染力は強い

  • 強いウイルス
  • エンベロープ(脂質性の膜)がない
  • 感染力は弱い
ウイルス例
  • インフルエンザウイルス※1
  • コロナウイルス※2
  • HIV
  • B型肝炎
  • ノロウイルス
  • アデノウイルス
  • ポリオウイルス
感染対策例 石鹸による手洗い、うがい、アルコール消毒などが効果的。 アルコールへの耐性が強いウイルスなので、塩素系の強い消毒液でのふき取りなどが必要。
  • ※1タチカワの抗ウイルス加工は「JIS L 1922 繊維製品の抗ウイルス性試験方法」に準じて試験し、
    効果が認められています。
    試験の対象「ウイルス株:ATCC VR-1679(エンベロープ有)」
  • ※2タチカワの抗ウイルス加工が新型コロナウイルスに効果があるか、現時点で未確認です。

ウイルス対策におすすめのタチカワ製品はこちら!

  • タチカワブラインドの抗ウイルス加工生地

このページのトップへ