T-one web トップ > インテリアトレンドショー 第30回 JAPANTEX2011

ICがタチカワブラインドブースをレポート!
「インテリアトレンドショー 第30回 JAPANTEX2011」
都内で働く30代のインテリアコーディネーターMさんが、11月9日(水)~11日(金)に東京ビッグサイトで開催されたJAPANTEXを訪れて、タチカワブラインドのブースをレポートしてくれました。「JAPANTEXに行けなかった…」という方も、是非参考にしてくださいね。

「ファインナチュラル」のコーナー

次に見たのは「ファインナチュラル」のコーナー。
リラックスをテーマに、自然界の色を使ったコーディネート。
窓辺を優しいグリーン系で彩ると、心が安らぎますよね。
特に陽当たりのいい窓には、陽射しを通すことで
さらに映える、小さな植物を散りばめた柄物がいいかも。

感性を大事にする大人のための「コンテンポラリータッチ」

感性を大事にする大人のための「コンテンポラリータッチ」は
シンプルな質感や光沢がポイントで、スタイリッシュな演出に使えそう。
光の当たり方で、生地の濃淡や立体感が感じられるのも斬新!

和のコーディネートはプリーツスクリーンに頼りがちな私としては力を入れたいジャンル。
そこで「和ごころ」のコーナーにあったプリーツスクリーンと共柄の『タテ型ブラインド』をチェック!
和室に直線的なデザインが加わると“凛”とするはずだから、次の提案に入れてみよう。

●和のイメージの家具や空間に合わせやすい木目調の部品色が、5色から選べる!1台2,000円プラスから。
●竹をモチーフにしたカグヤ。タテ型ブラインド、ロールスクリーン、プリーツスクリーンの3製品に対応しているそう。
●合わせていたのは「バタフライスツール」。天童木工(S-0521RW-RT)

 
 

ブラケット照明が、生地の雰囲気にぴったり!:遠藤照明(品番:EB2680B) スラットの重なりが均等になる

タテ型ブラインドの最上級バージョン「アルテモード」は
実物サイズで見ると、他の生地と存在感や高級感が違う!
う~ん、これは上質なものを求めるお客様に提案したい。

このページのトップへ