T-one web トップ > T-one's people > 國影 こず江さん

T-one's people クリエイティブな人に聞く

クリエイティブな人に聞く K's door代表 福井県インテリアコーディネーター協会会長 國影 こず江さん

K's door代表 福井県インテリアコーディネーター協会会長 國影 こず江さん

プロフィール

大学でインテリアデザインを学び、卒業後一旦は異業種に就くが、その後窓廻り(カーテン)の仕事へ。さらに地元の建設会社を経て、現在は「K’z door」の名でフリーランスICとして活動中。新築住宅を中心に、リフォーム、マンション等のコーディネート業務に携わり、依頼があればエクステリアの相談にも応える。福井県IC協会会長を務め、県立高校の非常勤講師としてインテリア計画の講義を担当するなど、活躍の場は広い。取得資格はインテリアコーディネーター、二級建築士、キッチンスペシャリスト、福祉住環境コーディネーター。

この仕事を選んだきっかけをお教えください。

もともとインテリアが好きで、学生時代はインテリアデザインを専攻していましたが、卒業後は全く畑違いの職業に。その後結婚・出産を経て、やはりインテリアに関わりたいという思いから、家庭に支障の出ない範囲でカーテンの仕事を始めました。さらに続けていくうち、インテリアとは縁の深い建築の世界にも興味が芽生え、建設会社に転職した後、現在に至ります。

仕事で常に心がけていることや、ポリシーなどを
お聞かせください。

日々を愉しみながら丁寧に暮らし、経験を重ねるからこそ、使い勝手や機能性をきめ細かく配慮したご提案ができるのではないかと思い、[自分自身がちゃんとした生活者であれ]という思いで過ごしています。
またデザイン性だけにとらわれず、使いやすさ、暮らしやすさを第一に考えますが、例えばお客様がご自宅にお友達をご招待された時に“自慢できる場所”を、少なくとも1か所はご提案するようにしています。

インテリアのアイデアやヒントは、
どのように発見・発想されていますか?

すべてのICの方がそうだと思いますが、出かけた先でインテリアが素敵だと思うとテクスチャーや納まりまで全てチェックして、アイデアのタネにしています。

お仕事でよく採用するタチカワ製品は?

プリーツスクリーン ペアタイプやラインドレープは光を自在に取り込むことができるうえ、インテリアがスッキリしたイメージに仕上がるのでよくご提案します。
特にラインドレープは、スラット1本1本の交換やクリーニングが可能なのでお客様にも好評です。

ご自宅や仕事場で、お気に入りの
インテリアアイテムはありますか?

カエルの置物があちこちにあります。本物のカエルは苦手ですが(笑)、置物のカエルはユーモラスで愛嬌もあり、「家族が無事帰る」の願いを込めて置いています。

インテリアが素敵な、お気に入りのお店をお教えください。

福井市内にある「開花亭sou-an」さんです。
老舗高級料亭「開花亭」さんの隣にある、世界的な建築家・隈研吾氏デザインの建物です。吹き抜けの明るい大空間で、客席もゆったりと配置。オープンキッチンのカウンターでは板長さんの仕事ぶりを拝見しながら、高級料亭の味を堪能することができます。建築やインテリアもさることながら、ズワイガニ・甘海老・鯛の生ふりかけは是非一度食べていただきたい味です。

國影さんのようになりたい!と日々仕事に励んでいる
ICの皆さんへ、アドバイスなどメッセージをお願いします。

大変なことも多いICの仕事ですが、お客様の夢いっぱいの家創りをお手伝いでき、最後には「ありがとう」の一言を頂ける幸せな仕事だと思います。
ICの大半は女性で、家庭との両立など難しい問題はあるかもしれませんが、日々の暮らしすべてが糧になる素敵な仕事ではないでしょうか。
毎日の生活で自分の引き出しを一杯にし、お客様と真摯に向き合うことで、幸せな瞬間を何度も実感できると思います。

このページのトップへ