T-one web トップ > T-one's people > 上原 牧子さん

T-one's people クリエイティブな人に聞く

クリエイティブな人に聞く (有)MOVE PLANNING専務取締役 沖縄県インテリアコーディネーター協会会長 上原 牧子さん

(有)MOVE PLANNING専務取締役 沖縄県インテリアコーディネーター協会会長 上原 牧子さん

プロフィール

設計事務所や工務店での勤務を経て、平成13年にパートナーと共同で(有)MOVE PLANNINGを設立。商業空間から住宅空間のプランニング、トータルインテリアコーディネートを手掛ける。
沖縄県インテリアコーディネーター協会会長。







ICの仕事を選んだきっかけをお教えください。

18歳の頃、アメリカに留学しました。その際、現地の方々がインテリアを工夫して楽しみながら生活している様子や、ホームパーティーなどの空間演出を数多く体感。これをきっかけに、インテリアコーディネートに興味を持つようになりました。

仕事で常に心がけていることや、ポリシーなどを
お聞かせください。

仕事・家事・育児のバランスの中で、自分自身が一人の生活者であるという視点を大事にしつつ、暮らし上手になるよう努めています。デザインだけでなく機能性やメンテナンスのしやすさまで、居心地と暮らしやすさをトータルに考えたご提案をするようにしています。

インテリアのアイデアやヒントは、
どのように発見・発想されていますか?

映画の中、国内外の素敵なホテル、旅先で撮りためた建築やインテリアの写真など、いろいろなものからヒントを得ます。逆に居心地の悪い空間に身を置いた時は、何がそう感じさせるのか、もっとこうだったらいいのに…など逆の発想からヒントを得ることも多々あります。

インテリアが素敵な、お気に入りのお店はありますか?

特に決まったお店はありませんが、ヨーロッパの街並みを歩いていてふらっと入ったカフェや本屋さんで、いいなと思う場所はたくさんあります。インテリアもさることながら、そこに集う人々や空気感も含めて居心地がいいとうれしくなりますね。

お仕事でよく採用するタチカワ製品は?

木製ブラインドのフォレティアをよく使います。光と風を同時に取り入れることができ、インテリアに溶け込むカラーでも天然木の存在感がしっかり感じられるのがいいですね。40代ご夫婦宅のリビングダイニングルームに設置した時は、モダンすぎない木製のスラットで自然な落ち着きを演出できました。陽射しを受けたスラットが室内に陰影をもたらし、きれいなシルエットが浮かび上がるのもポイントです。

ご自宅や仕事場で、お気に入りの
インテリアアイテムはありますか?

リフレッシュしたい時は、木の皮を薄くむいて乾燥させたソラフラワーにルームスプレーをかけて。お気に入りのスプレーは〝Dr.VranjesのBoboli〟です。
五感を使って気分転換することで、新しいアイデアが生まれることもあります。

上原さんのようになりたい!と日々仕事に励んでいる
ICの皆さんへ、アドバイスなどメッセージをお願いします。

何気ない日常の中に、たくさんのインテリアのイメージやヒントがあると思います。必要な時に必要な情報がキャッチできるよう、常日頃からいろんなことに興味を持って行動してみましょう。きっと新しい発見に出会えます。

このページのトップへ