T-one web トップ > T-one's people > 福川 七奈美さん

T-one's people クリエイティブな人に聞く

クリエイティブな人に聞く Office-N代表/インテリアコーディネーター 福川 七奈美さん

Office-N代表/インテリアコーディネーター 福川 七奈美さん

プロフィール

専門学校を卒業後、インテリア販売会社勤務を経て、1992年『Office-N』を設立し、1995年からは専門学校の非常勤講師も勤める。キッチンスペシャリスト、カラーコーディネーター、福祉住環境コーディネーター、照明コンサルタントの資格も所有。

上品でスタイリッシュな表情がつくれるラインドレープはお気に入りのアイテム。モデルルームでは、カラーコーディネートを採用。

子ども部屋に採用したリバーシブルのロールスクリーン。かわいい中にも飽きの来ないスマートさを演出。 「ルンバ」は、事務所のリクライニングチェアでひと休みしている間に、お掃除してくれる頼もしい味方!

ICの仕事を選んだきっかけを教えてください。

小さいときからデザインや建築に興味があり、高校卒業時に「インテリアデザイナーになる!」と決意して、専門学校への進学を決めました。憧れのインテリアコーディネーターになった後、ある建築家の方に「『必ずあなたにコーディネートして欲しい』と言われる人になりなさい」と言われた言葉を胸に、お客様との出会いを大切にしています。

仕事をする上で常に心がけていることやポリシーを
お聞かせください。

お客様のニーズをしっかりヒアリングし、最善のコーディネートをご提案することを心がけています。もちろん、最新の情報を盛り込むため、常に情報収集のアンテナを張っています。
それと、仲間を大切にすること。期日の短いモデルルームのコンペ準備などは、いつも泣きそうになりますが、仕事のできる友人たちが一緒に手伝ってくれるので、本当に感謝しています。

今まで手がけた中で一番印象に残っているお仕事は?

あるマンションのモデルルームを手がけたとき、お客さまから「このモデルルームが大好きだから、マンションを購入しました」と教えていただいたことは、とても嬉しかったですね。
タワーマンションの仕事も忘れられない仕事のひとつ。まだ建築中に検査に行ったのですが、最上階から階段で降りたので、脚が生まれたての子鹿のようにヨタヨタになりました。

ご自宅や仕事場で
お気に入りのアイテムはありますか?

懸賞で当たったルンバ! 打ち合わせで外出ばかりの私には、最強のアイテム。出かけている間にお掃除してくれるなんて、最高!今では、ルンバがない生活は考えられません(笑)。そのくらい最強の相棒です。

タチカワブラインドの製品でよく利用するものは?

ラインドレープのスタイリッシュな表情が好きで、よくコーディネートに取り入れています。モデルルームで採用したときは、とても好評で嬉しくなりました。ロールスクリーンやアフタービートもよく利用します。

福川さんのようになりたい!と日々仕事に励んでいる
ICの皆さんへ、アドバイスなどメッセージをお願いします。

どの仕事にも言えると思いますが、コミュニケーション力はとても大切です。立場や相手に関係なく、「教えていただいている」という謙虚な姿勢が、自分を助けてくれると思って、27年経った今も日々精進しています。

このページのトップへ