T-one web トップ > T-one's people > 大段 菜穂美さん

T-one's people クリエイティブな人に聞く

クリエイティブな人に聞く IKEHOUSE(株式会社 池芳工務店)所属/インテリアコーディネーター 大段 菜穂美さん

IKEHOUSE(株式会社 池芳工務店)所属/インテリアコーディネーター 大段 菜穂美さん

プロフィール

株式会社 池芳工務店所属。ハウスメーカー・コーディネートオフィスなどで設計・コーディネート業務に
関わり、現在はIKEHOUSE(株式会社 池芳工務店)にてインテリア設計・施工及びコーディネート業務に
携わる。2級建築士も所有。

ICの仕事を選んだきっかけを教えてください。

高校2年生の頃、進学にあたって、将来何をやりたいのかを初めて考えました。もともとインテリアは好きだったので、部屋の模様替えや、将来友達と一緒に住めるようなシェアハウスの設計などの仕事がしてみたいと思い、住生活や
インテリアの基礎、IC の仕事内容について学べる学校に進学しました。

仕事をする上で常に心がけていることやポリシーを
お聞かせください。

実際に家をつくるとなると、ご家族間で考え方や意見が合わないなど、さまざまな問題が発生することもあります。でも、打ち合わせを重ねながら少しずつ決めていくのもまた、家づくりの楽しみ。いい家をつくっていこうという想いのもとに、お客様と一緒に悩みながらつくり上げていく「家づくりの楽しさ」を、ひとつでも多くご提供できるよう、いつも心がけています。

今まで手がけた中で一番嬉しかったことや
印象に残っていることはなんですか?

コーディネートオフィスに勤務している時にコーディネートさせていただいたお客様が、私に頼みたいと、わざわざ現在の職場を探してくださったと聞きとても嬉しかったですね。ご依頼を請け、今でもお付き合いさせていただいています。IC はずっと長く続けていける仕事だと実感しています。

どのようにしてセンスを磨いているか教えてください。

職業病かもしれませんが、普段から何かヒントになることはないかと、プライベートの時間でも常にアンテナを張り巡らし、情報収集しています。学校で教わったことだけでなく、実際に仕事をするうえで先輩から学んだことや、自分で試行錯誤しながらやってきたことがセンス向上につながっていると感じています。

タチカワブラインドの製品で気になるものは?

木製ブラインドのフォレティアシリーズはよく使っています。弊社は、本物(無垢)の木や煉瓦、漆喰を使ってつくり上げる家にこだわっていますので、天然木の一枚板を使用したフォレティアシリーズはとてもよく馴染みますね。カラーバリエーションが豊富で、お客様のお好みに合わせてご提案できるのもいいですね。

大段さんのようになりたい!と日々仕事に励んでいる
ICの皆さんへ、アドバイスなどメッセージをお願いします。

ICは、設計要素も含め、空間や生活まで提案する仕事だと考えています。ICの私たちが、もっと自分らしさを出しながら、センスよく心地よく、生活を楽しめる空間を提案したらいいと思います。インテリアに留まらず、ほかのいろいろな可能性にも積極的にチャレンジして、一緒にインテリア業界を活性化させていきましょう。

このページのトップへ