T-one web トップ > T-one's people > 小池 祥子さん

T-one's people クリエイティブな人に聞く

クリエイティブな人に聞く 株式会社フリーダムデザイン専務取締役/インテリアコーディネーター 小池 祥子さん

株式会社フリーダムデザイン専務取締役/インテリアコーディネーター 小池 祥子さん

プロフィール

武蔵野美術大学短期大学部卒業後、デザイン事務所、リフォーム会社を経て、1998年「小池インテリアコーディネートオフィス」設立。フリーランスICとして個人邸、モデルハウス、店舗、各種講師などを手掛ける。
2011年(株)フリーダムデザインへ法人化。TV、雑誌等も多数掲載。2012年から2015年6月まで岩手インテリアコーディネータークラブ会長を務める。

ICの仕事を選んだきっかけを教えてください。

子どもの頃から住宅のチラシや、漫画に出てくる部屋のイラストなどを見るのが好きでした。絵を描くことや、新しいものを創り出すことも好きで、美術大学に進学、そこで椅子のデザインや建築に刺激を受けてますます惹かれ、インテリアデザインの道に進みました。人と接するのも好きなので、お客さまとのコミュニケーションが欠かせないインリアコーディネーターは、生涯続けられる天職だと思っています。

仕事をする上で常に心がけていることやポリシーを
お聞かせください。

妥協しないことと、チャレンジすることを惜しまないということでしょうか。やったことのない仕事ほど、実は燃えたりします(笑)。
店舗でも個人宅でも「自分の作品」ではなく、お客さまがいかに快適で心地よい暮らしができるかをいつも最優先に考えています。ご要望以上の結果がだせるように、コミュニケーションを密に取り、お互いを知ることを大事にしています。

インテリアのアイデアやヒントは、
どのように発見・発想されていますか?

日々の暮らしの中で常にアンテナを張り、「色」の組み合わせや、発色についてもぼんやりと見逃さないように気をつけています。好きなインテリア雑誌や洋書を見たり、訪れた店舗やホテルでもチェックは欠かしません。一昨年訪れたヨーロッパでは、有名ホテルでなくとも、どのホテルもしっかりとインテリアがデザインされていることに感銘を受けました。

今まで手がけた中で大変だったことや
嬉しかったことを教えてください。

お引き渡しのときに、「小池さんにお願いして本当によかった」と言っていただけるのが、この仕事を何年やっていても泣くほど嬉しい瞬間です。3人の子育てとの両立は大変で、ずいぶん悩んだこともありましたが、一緒にいる時間が短い分、一緒に過ごす時間は愛情を注ごうと決めて子どもと向き合いながら仕事もこなしてきました。今では、3人とも親と同じ道をめざすと言ってくれているので、踏ん張ってがんばってきてよかったと思います。

ご自宅や仕事場でお気に入りの
インテリアアイテムはありますか?

香りがあると癒されたり、集中力が高まったりするので、自宅や仕事場にアロマアイテムを飾っています。自宅では、アロマキャンドルやマッサージオイル、仕事場ではAVEDAのチャクラ バランスミストを置いて活用しています。

窓廻りでよく利用するアイテムはありますか?

ブラインドメーカーの中では、タチカワ製品の使用率がダントツで高いです。マカロンもよく使いますが、シルキーのカラーコーディネートシリーズのフリープランがお気に入り。予算配分の厳しくなった子供室などに、「世界に一点」のブラインドをご提案するのが楽しみでもあり、盛り上がります。

小池さんのようになりたい!と日々仕事に励んでいる
ICの皆さんへ、アドバイスなどメッセージをお願いします。

ICは生活経験があればあるほど、実体験に基づいた提案ができる素敵な職業だと思います。子育てと仕事の両立に悩む方も多いと思いますが、何事もバランスが大事。それぞれ、かかわっている時間に、どれだけ真剣に向き合い取り組めるか。スイッチをうまく切り替え、どちらにも一生懸命かかわっていくと、子どもが自分を後押ししてくれる存在になったり、また逆に仕事があるから子どもに優しくできたりと、お互いになくてはならない存在になると思います。

このページのトップへ