T-one web トップ > T-one's people > 飯塚 奈津子さん

T-one's people クリエイティブな人に聞く

クリエイティブな人に聞く 山梨県インテリアコーディネーター協会 副会長/ソレイユ カラー&インテリアデザイン主催 飯塚 奈津子さん

山梨県インテリアコーディネーター協会 副会長/ソレイユ カラー&インテリアデザイン主催 飯塚 奈津子さん

プロフィール

インテリアコーディネーター・整理収納アドバイザー1級・福祉住環境コーディネーター2級・照明コンサルタント。
2016年4月にフリーランスとして独立。美しさと機能、調和のとれた心地よい空間づくりをめざしたコーディネート業務を行う。2014年のJAPANTEXでは、トークセッションにも参加。ほかにセミナー講師など、幅広く活躍している。

山梨県インテリアコーディネーター協会 副会長
ソレイユ カラー&インテリアデザイン主催

キッチンは台所仕事が楽しくなるようにブラインドをカラーコーディネートしました。 男の子がいるご家族の新築施工例。カーテンは遊び心のあるデザインを入れ、明るくほがらかなイメージにまとめました。 築20数年の住宅をリノベーション。床の張り替えや大きな間取り変更はせず、内装材のみで大幅にイメージチェンジしました。 内装材と扉の色を変えることで、明るいけれどどこか落ち着く温かみのある玄関ホールに仕上がりました。扉は北欧カラーに塗装しました。 天井高さが5メートル以上ある気持ちの良いアトリエ。2メートルもある観葉植物を、事務所スペースがある2階から見下ろすのがお気に入りです。 一目ぼれしたArt-house21のフラワーベース。チルウィッチのプレイスマットと組み合わせて飾っています。 リノベーションのコンセプトは「陽だまりフィーカ」。親しい友人や家族と過ごす北欧の穏やかなコーヒータイムをイメージしてコーディネートしました。

ICの資格を取得したきっかけと、
お仕事の経緯について教えてください。

大学卒業後に就いた販売と仕入れ担当の仕事は、やりがいはありましたが、結婚後“その先”を考えるようになりました。結婚や出産というライフサイクルの中で、より自分らしくやりがいを持ってできる仕事に就きたくて、未経験ながら大手ハウスメーカーに転職。新築戸建て住宅のコーディネート業務をしながら、独学でICの資格を取得しました。新居を構えるのにインテリアを調えるのが楽しかったので、これが仕事になったらいいなというミーハーな気持ちもありました(笑)。

出産後は、オーダーカーテンの専門店で、ファブリックスの提案・販売を中心に、モデルルームなどのインテリアコーディネートなどを経験し、その後在籍した建設会社では、住宅だけでなく、高齢者施設などのコーディネートも担当しました。現在はインテリアについてだけでなく、IC目線のカラーセミナー講師なども行っています。

仕事をする上で常に心がけていることやポリシーを
お聞かせください。

関わってくださるすべての方に、常に感謝の気持ちを持つようにしています。お客様にご満足いただける提案ができるのも、メーカーさん、仕入れ先の方、職人さんなどがサポートしてくださるからだと思うと、電話でもまず「ありがとうございます」という言葉が自然に出るようになりました。

実務的な面では、色と質感、それらが持つイメージがとても重要だと考えているので、それらを大切にプランニングしています。

インテリアのアイデアやヒントは、
どのように発見・発想されていますか?

高校時代の恩師の言葉「インプットなくしてアウトプットなし」を常に意識して、気になるものはできるだけ実際に見るように心がけています。今は地方にいてもたくさんの情報が入ってきますが、やはり実際に見て感じたものは、自分のなかにしっくりと落とし込んだうえでコーディネートに取り入れられる気がします。ホテルやレストランのインテリア、おもてなしなどを見たり、展示会などで「これはどんなふうに使ったらいいかな」などと考えたりしますね。

最近のお気に入りは、福岡県に本店がある輸入家具・アンティーク家具のArt-house21。東京の表参道店がオープンした時に行ったのですが、家具はもちろんのこと、インテリア小物のセレクトや使い方、シーンの作り方までとても素晴らしく、勉強になりました。

今まで手がけた中で一番嬉しかったことや
印象に残っている仕事を教えてください。

高齢者施設は単なる施設ではなく、暮らす場所です。ですから集合住宅とはいえ、基本的には個人の住宅と同じような考え方でインテリアを調えるようにしています。

以前、高齢者施設のコーディネート業務の引き渡し後しばらくしてから、その施設にお伺いする機会がありました。ある女性のお部屋で、窓まわりやドアなどに手作りの小物が飾られているのを見て、お身体が不自由になっても、ご家族やスタッフがその方らしく暮らせるようにと気遣っているのが分かりました。私のインテリアも、その方らしい暮らしに少しでも近づけるよう、お役に立てたようで、温かい気持ちになりました。

ご自宅や仕事場で
お気に入りのインテリアアイテムはありますか?

4月からフリーランスのICとして活動を始めました。知人の設計事務所内に事務所を借りているのですが、独立のお祝いにいただいた観葉植物がとても大きく、日中の暑い陽射しをゆるやかに遮ってくれています。インテリアとしても日よけとしても優れたビッグなプレゼントだと、とても気に入っています。インテリアにとって、グリーンは切り離せないアイテムですね。

もうひとつのお気に入りは、一目ぼれしたガラスのフラワーベース。もう少し落ち着いたら、庭の花を摘んで挿す、なんてこともしたいなと考えています。

窓廻りでよく利用するアイテムを教えてください。

和室などでは、プリーツスクリーン ペルレ ペアタイプをよくご提案します。タチカワブラインドさんのプリーツスクリーンは操作性がよく、色柄のバリエーションも豊富なので気に入っています。ヨコ型ブラインド シルキータテ型ブラインド ラインドレープは、カラーコーディネートシリーズで色をミックスさせた提案ができるのが楽しいですね。

飯塚さんのようになりたい!と日々仕事に励んでいる皆さんへ
アドバイスなどメッセージをお願いします。

人と人のつながりを大切にしてください。自分を常にブラッシュアップしつつ、いろいろな方のお話に耳を傾けることで、新しい世界が広がります。時には自分から新しい世界へ飛び込んでいくのも、おすすめです。

最近は、インテリアから発想するリノベーションにも積極的に取り組んでいますが、これからは空き家対策にもICの力が発揮できる時代です。
なせばなる! みなさんの活躍を応援しています。

このページのトップへ