T-one web トップ > T-one's people > 横田 玲子さん

T-one's people クリエイティブな人に聞く

クリエイティブな人に聞く 「Interior co-ordinate room」主宰 横田 玲子さん

「Interior co-ordinate room」主催 横田 玲子さん

プロフィール

インテリアコーディネーター・照明士・照明コンサルタント・キッチンスペシャリスト・福祉住環境コーディネーター(3級)・カラーコーディネーター2級(東商)・リフォームスタイリスト・快眠空間スタイリスト2級
インテリア商材メーカー、ハウジングメーカー勤務を経て、2002年に「Interior co-ordinate room」を設立、現在に至る。企業(住宅建設業、地元工務店等)からの業務委託やエンドユーザーからの受注を主に、トータルコーディネート、インテリアプランニング、住宅モデルルームプランニング・ディスプレイ設営などを手がける。その他インテリア・リフォーム業界紙への寄稿や各種セミナー講師も務める。
一般社団法人 日本インテリアコーディネーター協会 B会員・理事
一般社団法人 照明学会 会員

T-one's people初! 2回目のご登場です!

横田さんが手がけた学習塾
「エール学院」深谷校
「エール学院」本庄早稲田校

最近お仕事でご提案したタチカワ製品は?

学習塾「エール学院」(本庄早稲田校、深谷校)様にタチカワブラインド製品を提案し、ご採用いただきました。

ご要望としては大きく分けて3点あり、まず1点目は特にファサードとエントランス空間を模様替えし、見た目の印象をよくしたいこと。2点目はインテリアをよりよく変えることで、学院に通う生徒さんの、塾に通いたくなる気持ちが益々高まるようにしたいこと。3点目は学校・オフィス向けの家具や什器にとらわれないインテリアで、落ち着いたカッコよい空間にしてほしいとのことでした。

本庄早稲田校は新築で、幼児・低学年の英会話コーナーには「カスタマイズブラインド アフタービート チェーン(コード操作)」、マンツーマンの個別ルームや面談室には「カスタマイズブラインド フォレティア チェーン」をそれぞれコーディネートしました。リニューアルの他校については、エントランスとスタディデッキルームに「ロールスクリーン ラルクシールド」と、「カスタマイズブラインド アフタービート チェーン(コード操作)」をコーディネートしました。
今回は西陽をさえぎりたいとのご要望が優先的にあり、様々な製品を検討した中で、「ロールスクリーン ラルクシールド」は遮光生地のご採用となりました。

左:天然のラベンダーで作られたラベンダースティックとサシェ
右:ユーカリがアクセントのお気に入りカフェ
The Tavernの赤いソファにて

ご自宅や仕事場で、お気に入りのインテリアアイテムはありますか?

プランを考える時は、リラックスした優しい気持ちで思案できるよう、自然や海外の風景、街並みの映像などをインストゥルメンタルミュージックとともに流しています。最近は外出先でSOHO的に電源caféを活用することもあり、その際イヤホン等で音楽を聴く時は、プランニングや作業の邪魔にならないように、昔から好きなSADEやMISIAを流し、過ごしやすい環境を作って集中しています。
また、居心地をよくするために、なるべく天然の香りやアロマをそばにおくようにしています。特にユーカリやラベンダーなど、グリーンやハーブ系の香りが好きです。


時々訪れたくなる場所としては、虎ノ門ヒルズ内のロビー1階、3~4Fのダイニング街も好きですが、隣接のホテル「Andaz Tokyo Toranomon Hills」51Fのrestaurants & Bar「The Tavern」のインテリアが好きで、落ち着きます。
個人的に赤色はあまり採用提案に入れないのですが、この空間のソファに採用されている張地の赤色は、とても素敵でうっとりします。

東京駅に近い、三菱一号館美術館 の建つ敷地は、中庭があったり、隣接のビルがグリーンウォールになっていたりで、とても落ち着ける一画で、オフィス街ですが癒せる場所です。隣接の丸の内ブリックスクエア1Fのカフェ&ダイニングの「A16」もお気に入りの場所です。
あとは、京都が好きで、毎年 桜や紅葉時に機会があれば訪れています。

印象に残っている仕事を教えてください

年に一度、職業体験・紹介の授業の一環として、地元の中学校1年生に、「インテリアコーディネーター(IC)の仕事とは」という話をする機会をいただいています。もう3年くらい続いていて、1時限×2回の機会で、入れ替わり制で、合計40名前後の中学1年生に話をします。
ICの仕事の役割と、暮らし方・住まいをライフスタイルと共にコーディネートすることの大切さを伝えています。
後日中学生達から感想文が届くのですが、それがとても心に響く内容なので、嬉しく、そして励みにもなります。お部屋をコーディネートすることの楽しさ、ICという仕事のこと、意義や役割等をもっと多くの子供や大人にも広く普及させたいという想いが募る貴重な機会です。

イタリア視察 フィレンツェにて イタリアに視察に行った時に、フィレンツェのオーガニック市場で買ったお気に入りのソープ 自然界の色からは、たくさんのインスピレーションをもらいます

インテリアのアイデアやヒントは、
どのように発見・発想されていますか?

コンセプト起案やお好みのスタイルはお客様ごとに異なりますが、私が悩んだ際にテキストやヒントにしているのは、アース(自然界)カラーや素材です。
特に色合いやその組み合わせ、美しい色選びについては、自然界から生まれた色相・発色、グラデーション・構成を基軸に、色や素材の組み合わせ案を立てたり、考察したりしています。
植物は花だけに限らず、蕾や種、枝葉や樹木も参考になりますし、水や大地、空色の移り変わり、昆虫や鳥の羽色の組み合わせ、風景などにも時に目を留め、参考にしています。絞り込みや取捨選択時に迷った時も、そのような自然界の色や素材感を思い出し、判断に役立てています。 リニューアル案件の際は、既存のまま交換しない部位に合うよう調整していきますので、測色したり、現物サンプルを必ず現地に並べ、何度も見比べたり相性を見たりしながら絞り込みます。 インテリア系書籍(主に洋書)も見るのも好きです。印象深いものは頭の中の引き出しにしまいますが、コピーになってしまわないように、参考としての閲覧にとどめています。
現地に立つことで、案や解決策がわくことも多々ありますので、図面上で煮詰まったり、掴みづらい場合は、現地で空間と向き合いヒントを頂いています。
私にとって現地は「対象の空間」であると共に、「よりよい完成に一緒に向かう、よきパートナー」でもある感じです!
旅行先や、海外視察時に見るそれぞれの街並み・ホテル、近隣でもインテリアやウィンドウショッピングはとても多くの刺激を頂くので、日常的に視察として意識して見回し、目を留めることも多いです。

休日は、自然が感じられる鎌倉のカフェで
アフタヌーンティー

横田さんのようになりたい!と日々仕事に励んでいる
ICの皆さんへ、アドバイスなどメッセージをお願いします。

私は幼い頃 LEGOで遊ぶのが好きで、家や室内をよく作っていました。また、家具店のチラシから家具を切り抜き、部屋の背景を描いた画用紙に貼り付けてインテリアコーディネートを楽しむことも好きでした。そんなふうに、興味・関心の向く先は、インテリアに関することばかり。ずっと身近にあった一番好きなことが、そのまま仕事になったような気がします。

お客様を想い、豊かな暮らしにつながる空間づくりに力を尽くしているICの皆さん!日々自身のブラッシュアップに専心一意されていらっしゃるかと思いますが、IC同士の交流もとても大切ですよね!
私も職場やさまざまな活動のなかでICのみなさんと交流することで、情報交換ができたり、悩みが解決できたりするなど、自分を高める要素をたくさん頂いております。
どこかでお目にかかれたら、その時はぜひお気軽に声をかけてくださいね♪
ご一緒にコラボ出来ることも探せますと嬉しいです!

そして心身共に健康に、素敵な余暇もとりながら、お互い益々キラメキやトキメキのたゆまぬ邁進をして参りましょう!
I like interior coordinate & coordinators ♥

このページのトップへ