T-one web トップ > 新製品 > ファブリックシーズンブック Fun everyday -ファン・エブリデイ- デザイン編

新製品

ロールスクリーン&タテ型ブラインドに対応する新柄72アイテムを揃えたファブリックシーズンブック  Fun everyday -ファン・エブリデイ- デザイン編 7月14日発売

『ファブリックシーズンブック -ファン・エブリデイー』は、「毎日を楽しく過ごす場所で毎日を楽しもう!」をコンセプトに、7.14 発売となりました。
第2回目は、18柄22アイテムの「デザインを楽しむファブリック」をご紹介します。

今回は、「ファブリックシーズンブック-ファン・エブリデイー」カタログの最初に掲載されている生地「ブルーム/ コサージュ」、「プリマ/ ペタル」「アイリス」を取り上げます。
この5柄はハイムテキスタイル2014でもトレンドのひとつであった「インクジェットプリント」のシリーズ。ヒダのないフラットな生地ならではのプリントの魅力をご紹介します。
また、光によって変化するファブリックやデザインプルもご紹介。
開発エピソードも交えながら「デザイン」をお楽しみください。

橋口 典代

商品企画部所属のチーフデザイナー
ファブリックメーカーで糸・ジャガード織物の開発を経て、2008年タチカワブラインドに入社。
今までになかったカラー配色の「マカロン」や光で変化する「プリーツスクリーン・和美シリーズ」など多くのファブリック製品の生地開発・デザインを手掛ける。

橋口 典代

デザイン

  • ブルーム/コサ-ジュ
  • プリマ/ペタル
  • アイリス
インクジェットプリントの特長

プリント製法で主流のスクリーンプリントは、1色1版を重ねていきデザインを創ります。たて方向での版の長さは最大90㎝、色数も、10色程度が最大です。それに対してインクジェットプリントは、デザインそのものをプリンターで出力するイメージです。
そのため、たて方向への長さ制限がなくのびやかにデザインを表現できます。色数の制限もありません。
デザインそのものがプリントされるため、水彩画タッチの繊細な表現も可能です。

  1. ブルーム/コサ-ジュ
  2. プリマ/ペタル
  3. アイリス
  • デザイン
  • 光をたのしむ
  • デザインプル

デジタルカタログへ

このページのトップへ