「熱貫流率(U値(W/m2・k))」とは・・・
熱エネルギーが壁や窓ガラスを通して温度の高い空間から低い空間へ伝わる現象を「熱貫流」といい、1時間あたりに伝わる熱量の大きさを表したのが「熱貫流率」です。
数値が小さいほど伝わる熱量が少ない(熱が逃げにくい)ので、断熱性能が優れていることになります。