T-one web トップ > 新製品 > ロールスクリーン「ラルク」/タテ型ブラインド「ラインドレープ」おすすめの生地紹介第二弾

新製品

ロールスクリーン「ラルク」/タテ型ブラインド「ラインドレープ」第二弾 !
開発裏話とおすすめの生地紹介

  • メッセージ
  • Romantic Sweet
  • Fine Natural
  • Contenmporary Touch
  • WA gokoro
  • 生地開発の裏話
  • ARTEMODE
  • Material

生地開発の裏話 "タチカワ"だからこその「生地づくり」とは?

タチカワブラインドの生地づくりには、3つのテーマがあります。

1つ目は糸から素材開発をすること。
ロールスクリーンやタテ型ブラインドに求められる品質を保ちながら表現したい生地を実現するため、糸からものづくりをすることで、今までに無い素材感を表現しました。

2つ目は“光と影”。
ひだを取るカーテンと違い、ロールスクリーンやタテ型ブラインドは平面で光を均等に受けられます。その特性を生かして生地づくりをしています。

3つ目は製品をまたいだ共通生地をつくることをベースにしつつも、それぞれの製品の特徴をふまえた生地をつくること。見た目が素敵な生地をつくるだけでなく、ロールスクリーンにはロールスクリーンの、タテ型ブラインドにはタテ型ブラインドに必要な特性・機能があり、それを十分に満たすのが私たちの基準です。

光を受け入れ、それを楽しむ窓。窓にはストーリーがあるように、それぞれの生地にも、ものづくりのストーリーがあります。今回は沢山の生地の中から、いくつかの"inside story(裏話)"をご紹介します。右の生地画像をクリックしてください。

生地をクリック!

  • ビアンカ
  • ランブル
  • ラッスル
  • パティオ
  • シラベ

このページのトップへ