T-one web トップ > TREND COLOR > 001 秋冬のトレンドカラーを窓廻りに活かす > トレンドカラー「萌」

仕事に直結☆すぐに役立つ THE・HINT 窓廻りのインテリアコーディネートを中心とした実用性の高い情報をご紹介。施工例や体験談、提案のコツなど、現場で役立つノウハウを毎号多彩なテーマでお届けします。

004 秋冬のトレンドカラーを窓廻りに活かす

世の中の流行やカルチャーに対していつもアンテナを張り、一歩進んだインテリアの提案ができるようにしたいものです。

そこで、今回は秋冬のコーディネートに取り入れたいトレンドカラーを、4つのグループに分けてご紹介します。流行色の背景やテーマも、知っておけば大きな強みに!

使ってみたい色があれば、「この色いいね!」ボタンをクリックしてくださいね。

JAFCAとはhttp://www.jafca.org/

JAFCA (一般社団法人 日本流行色協会)は、あらゆる分野に向けて、トレンドカラー情報を発信している団体です。
世界レベルで流行色情報を発信する「インターカラー」の傾向を参考に、日本の市場動向を的確に捉えた最新のトレンドカラー情報を発信しています。

  • 2011年秋冬のカラーテーマは「予期せぬ光」
  • トレンドカラー「生命」
  • トレンドカラー「萌」
  • トレンドカラー「光」
  • トレンドカラー「流」

トレンドカラー4つのグループと、おすすめのタチカワ製品

この色いいね! ×31人

秋冬向けのカラーグループとしては違和感があるかもしれませんが、新しく生まれ、新たな「芽」が萌え出す時という意味で名付けられました。
初秋の山の木々や常緑樹、梅春の頃に見かけるメジロの緑、ピクルスや野菜ジュースに見られる自然な緑などで構成されています。
グリーン系はエコロジーカラーの象徴としても重要ですが、今の日本を癒し、新たな未来へと導くロングライフカラーとしても見直したい色です。今回は幸福を表現するゴールド系も含まれています。
アースカラーのコーディネートに個性をプラスするなら、このラインナップがお勧めです。

カラーグループ「萌」

カラーグループ「萌」

タテ型ブラインド ラインドレープ LD-2160

黄緑色のフェルトのようなスラットは、秋冬におすすめのアイテム。視覚的にも実際に触れてもあたたかみのある素材感は、自然を大切にする北欧風のインテリアにもぴったりです。

次へ

このページのトップへ