T-one web トップ > TREND COLOR > 001 秋冬のトレンドカラーを窓廻りに活かす > トレンドカラー「流」

仕事に直結☆すぐに役立つ THE・HINT 窓廻りのインテリアコーディネートを中心とした実用性の高い情報をご紹介。施工例や体験談、提案のコツなど、現場で役立つノウハウを毎号多彩なテーマでお届けします。

004 秋冬のトレンドカラーを窓廻りに活かす

世の中の流行やカルチャーに対していつもアンテナを張り、一歩進んだインテリアの提案ができるようにしたいものです。

そこで、今回は秋冬のコーディネートに取り入れたいトレンドカラーを、4つのグループに分けてご紹介します。流行色の背景やテーマも、知っておけば大きな強みに!

使ってみたい色があれば、「この色いいね!」ボタンをクリックしてくださいね。

JAFCAとはhttp://www.jafca.org/

JAFCA (一般社団法人 日本流行色協会)は、あらゆる分野に向けて、トレンドカラー情報を発信している団体です。
世界レベルで流行色情報を発信する「インターカラー」の傾向を参考に、日本の市場動向を的確に捉えた最新のトレンドカラー情報を発信しています。

  • 2011年秋冬のカラーテーマは「予期せぬ光」
  • トレンドカラー「生命」
  • トレンドカラー「萌」
  • トレンドカラー「光」
  • トレンドカラー「流」

トレンドカラー4つのグループと、おすすめのタチカワ製品

この色いいね! ×48人

大震災をきっかけに、誰もがきれいな水と空気がどれほど貴重なものかを実感し、日本が美しい森の国・清らかな水の国であり続けてほしいと強く願うようになりました。
そこで、「流」のグループは水を表す色で構成されました。
中でもネイビーブルーは、新鮮さと誠実さを感じさせる基調色として様々な分野で注目されている色です。
お互いの色味のバランスが良いので、単色使いはもちろん
すべてを組み合わせても心地よく穏やかなイメージがつくれます。

カラーグループ「流」

カラーグループ「流」

タテ型ブラインド ラインドレープ LD-2508 / ロールスクリーン ラルク RS-5508

遮光生地でもクリアなカラーが人気の「ノイエ」。
清らかな水をイメージするブルーは、何色かを組み合わせたグラデーションのほか、ナチュラルテイストのインテリアの挿し色としてもおすすめです。

このページのトップへ