T-one web トップ > TREND COLOR > 008 窓廻りに活かしたい 秋冬のトレンドカラー

TREND COLOR 窓周りをグレードアップするトレンドカラー

008 窓廻りに活かしたい 秋冬のトレンドカラー

毎年好評の、日本流行色協会「JAFCA」が提案するトレンドカラー。
今回は、大好評だった春夏に続き、この秋冬のおすすめのカラーをご紹介します。

気に入ったトレンドの「いいね!」ボタンをクリックしてくださいね。JAFCAとは?

  • 2016年秋冬 カラーテーマ
  • トレンドカラー「書斎」
  • トレンドカラー「ひなた」
  • トレンドカラー「キッチン」
  • トレンドカラー「エンターテインメント」
  • トレンドカラー「メタルカラー」

2016年秋冬のテーマ 「Optimizeオプティマイズ(最適化)」

写真とトレンド情報提供は、
一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)。
http://www.jafca.org/

2016年秋冬のテーマは、「Optimizeオプティマイズ(最適化)」。
「Optimize(最適化)」はコンピューターなどでよく使われる言葉ですが、「心地良くすごせる」ことを「最適化」ととらえ、テーマにしました。
「ありのまま」「自分らしくいられる」心地良い空間を提供することは、最高のおもてなしといえます。おもてなしは、招かれる方だけでなく、招く方も心地よくすごせる空間(状況)を作りだすこと。つまり、お互いの状況と環境を“最適化”することが、もっとも心地よいおもてなしだといえるのではないでしょうか。

心地よさを追究する「Optimize」カラー

「心地良さ」には個人差があります。また、どんな空間を心地よいと感じるかは、時と場合によって変わります。無限にある選択肢の中から方向性を絞り込み、個々のお客様に対して、「最適」でさらに「快適」である空間を目指し、「書斎」「ひなた」「キッチン」「エンターテインメント」4つのグループに、「メタルカラー」を加えた5つを提案しています。

カラーに影響するキーワード

カラーを選定するにあたり、それぞれ影響を与えたキーワードをご紹介します。イメージングのご参考にも、ぜひご活用ください。
書斎」:過去の人々の痕跡、伝統や懐かしさを表現する色
ひなた」:包まれるような温かさ、優しい手触りを感じさせる色
キッチン」:他を引き立てるようなクールで鎮静効果のある色
エンターテイメント」:躍動感や自由を感じさせる赤、ピンクを中心とした色

JAFCAディレクターが語る トレンドカラー全体の傾向

ブラウン系にブルーやグリーンをバランスよく組み合わせる

インテリアでは重要な素材である木を感じさせるベージュ、グレージュ、こげ茶など、ブラウン系は引き続き重要な色です。
今シーズンでは、柔らかさを感じさせるグレイッシュブラウンやクリーミーな質感のベージュなどに、深いグリーンや明るいブルーなどをバランスよく配置することが注目されます。
またブラウンにマスタードイエローやオリーブなどの組み合わせで、懐かしいムードの演出もよいでしょう。

赤〜ピンク系

ファッションでも最近赤〜ピンクの色域の人気が高まっています。インテリアでは、アクセント的に、色相、明度、彩度が少しずつ違うこれらの色を一見単調にみえるフォカマイユ的(※)に使って、エネルギーを感じる色合いをアピール。アーティスティックで自由なムードが広がります。

※ カマイユ配色…同じ色に見えるほどの微妙な違いの色を使った配色のことです。実際には、色相やトーンが似通った色を使います。
※ フォカマイユ配色…色相が同じ色を使うカマイユ配色に対して、色相とトーンを変化させる配色を「フォカマイユ配色」と言います。
  ちなみに「フォカマイユ」の「フォ」は、「偽りの」という意味のフランス語です。
  フォカマイユ配色は、色相やトーンの差が大きいので、カマイユ配色よりも変化をつけることができます。

メタルカラーに注目

金属素材による表現も多彩になっています。赤みの入ったカッパー(銅色)や、ブラックミラー(黒い鏡面)などは家電商品などでも多くみられるようになりました。金属を焼いた時に現れる虹色の効果や、また木質と金属のような天然素材+金属、真鍮とカッパーのような異なった金属同士の組み合わせなども最近目立っており、今後も注目される素材表現です。

大澤かほる
一般社団法人日本流行色協会 カラークリエイティブディレクター。
東京造形大学彫刻科を卒業後、求人広告営業、彫刻家助手、市場調査分析を経て、現職。カラートレンド予測と分析、カラー戦略策定、色彩教育、執筆と「色事すべておまかせ!」をモットーに日夜色彩関連の仕事に励む。インターカラー日本代表。

次へ

このページのトップへ